寅年を迎えて

「寅年を迎えて」 (中島幸雄さん)

ここに人あり

〒509-0258 岐阜県可児市若葉台9-162
TEL/FAX      050-7770-8886
E-メ-ル npo-03@wh.commufa.jp

NO.14「寅年を迎えて」

  • 皆さん あけましておめでとうございます。
  • 正月早々、一面の銀世界。
  • 例年になく純白な気分となって、すがすがしい。

ここに人あり

  • 「年賀状 何度も読み返して、一年に一度の人も昨年末に会ったばかりの人も、
  • 一枚のハガキを通じて、心が通うほのぼのとした気持ちになるから不思議で
  • ある。孫の写真で息災の便りや、今年こそ是非会いたい人もいる。」

1.「新現役チャレンジ支援事業」

  • ここに人あり今年成果を期待する事業に、中小企業庁が推進する「新現役チャレンジ支援事業」が県にある。
  • 「新現役」とは企業等を退職した人を指す。
  • セカンドライフを迎える人を「新現役」と表現するのは、これから迎える高齢化社会は、生涯現役で全ての人が社会を担う構成員であるとの思考からである。

2.この思考を背景としたジェロントロジ-

  • (老齢学、長寿幸福学)は欧米で進み、日本でも東大を中心に数年前から学問として研究が行われている。この「新現役チャレンジ支援事業」は、中小企業等の諸々のニ-ズに「新現役」がマッチングする事業である。
  • *2 ジェロントロジ-(老齢学、長寿幸福学)巻末に概略掲載
  • 昨年末「ランチェスタ-・戦略社長塾」を長山塾長から学んだ。
  • すばらしい内容で、この「新現役」の業務に大きなスキルUPとなったことを、大変嬉しく思っている。
  • この「新現役」の業務は登録が必要で、窓口は岐阜商工会議所である。
  • 仲間の多くが登録されることを期待する。
  • *3 「NO13 ランチェスター戦略社長塾」を受講して
  • http://www.saiken.jp/human/pg73.html (を参照)

3.今年は寅年。干支の時刻は午前4時である。

  • 百歳まで、まだまだ夜明け前である。
  • やがて来る春に虎視眈々と夢の実現に、虎の尾を踏まぬよう、虎の巻を携えて、騎虎の勢で今年一年を生きていきたい。新年の思いである。

PAGE TOP

  • 中小企業庁による事業です。ここに人あり
  • 社会貢献意欲の高いシニア人材に活躍していただける場を提供し、地域の中小企業や各種団体などを支援する目的で、平成20年度より開始されました。 (独)中小企業基盤整備機構が全国事務局をつとめ、全国各地にブロック事務局と地域事務局が設置されています。
  • 全国各地の地域事務局に所属している「ナビゲーター」が、中小企業や各種団体のニーズを探り、人材データベースに登録された新現役人材とのマッチングを図ります。「ナビゲーター」は、新現役の方と企業の橋渡し役として双方のニーズを収集し、丁寧なコンサルティングを行います。

ここに人あり

終わりに

  • *2ジェロントロジーとは
  • 日本人は古来より、70歳を超えて年齢を重ねることは稀であり、とても悦ばしいこととして、区切りの年齢を迎 えるたびに「寿」の文字をあしらい、お祝いをしてきました。
  • 70歳に「古稀」を迎え、77歳で「喜寿」
  • 80歳は「傘寿」、88歳は「米寿」、
  • 90歳は「卒寿」、99歳は「白寿」そして、100歳は「百寿」……と。
  • 1.「老いる」ことについての研究=ジェロントロジー=老年学は、まず、老年医学における「成人病
    • の克服」や「自然老化の解明」など、「寿命をどこまで延ばせるか」が、共通の関心であった。
  • 2. そして、高齢化による社会制度、経済システムなどへの影響を分析する、社会科学領域もそれに
    • 続きました。
  • 3. さらに、単に寿命を延ばしたり、社会の問題を指摘するだけでなく、高齢者の生活の質を高め、
    • よりよく老いることができるためには……という、「生活の質(Quality of Life) 」「Successful Aging」という課題が浮上してきました。
  • 4. ジェロントロジーは、医学・生理学・社会学・心理学・栄養学などさまざまな学術分野を横断的に
    • カバーする「マルチディシプナリー」の学問です。
  • 5. 加齢(エイジング)に伴う生涯発達や高齢化社会における生活、人間関係、心や健康の管理、老人
    • 介護や諸制度・政策、経済など、さまざまな領域の問題を、多角的な側面から問題をとらえ、総合的に研究するのが特徴です。
  • 6. この課題は単純にひとつの学問だけでは解決できるわけではありません。
    • 総合的に解決するため、人の生活に関わるすべての学問が集まってできた学際的学問分野が「ジェロントロジー」なのです。

ここに人あり

PAGE TOP

シニアの息吹 へLinkIcon
「愛情」 超高齢化社会への挑戦・高齢化世代の生活の再建・復活・創造

森山志郎記念館 へLinkIcon
「信仰」 脳卒中片マヒ者・心と体の25年 -戦うリハビリテーションの記録-

脳卒中を生きる へLinkIcon
「希望」 脳卒中障害者の生きる意味と生活の再建・復活・創造に向けて

四葉クローバー

四葉のクローバー

花言葉: 「幸福」
「希望」「信仰」「愛情」