シニア 夢 実現 セミナー1回

第1回 シニア 夢 実現 セミナー
『~セカンドライフへのキャリアデザインとメンタルケア』
(森 俊昭さん)


01.jpg

「退職後もいきいきと活動するための人生設計(キャリアデザイン)や

それに係る精神面でのコントロール等に有効なノウハウについて」

「第1回 三つの定年:何が終わり、誰がきめるのか?」


森 俊昭 氏


講師 キャリアカウンセラー
森 俊昭 氏


この論文は.jpg


セミナー.jpg

05.jpg


「第1回 三つの定年:何が終わり、誰がきめるのか?」


■キャリアカウンセラー「森 俊昭」の自己紹介

 1.外的キャリアによる自己紹介森 俊昭 氏

  • 私は大学を卒業後、都市銀行に入社し、全国転勤を経て、平成元年通信会社に転職、関連会社三社への出向を経て本体に戻りましたが、現在は、また関連会社で業務に従事しています。
  • 職務の経験としては、営業、総務、人事、人材開発を主に経験しました。
  • 資格としては、人材開発業務時代に取得した。

  • ①DBM・マスターキャリアカウンセラーや ②産業カウンセラー ③キャリアコンサルタント
  • ④心理相談員を取得しています。

 2.内的キャリアによる自己紹介

  • 私は会社から偶然にも、「キャリア・カウンセラーの養成講座」に通わされたことから、初めてキャリアとカウンセリングに興味を持ちました。いつかは人を支援したい、人を支援できることをやりたいとずっと前から思っていたことに気がついたのです。
  • それからはカウンセリングの勉強を楽しいと感じたり、生まれて初めて勉強が苦にならないほど自然に本や、机に向かうことができるようになりました。
  • 新しい知識や、情報を得ることが常に新鮮であり、これからも前向きに取り組んでいきたいと思っています。
  • そして、定年後の生きがいになればうれしいなと思っています。

 3.今回の論文発表について

  • 「シ ニ ア 夢実現 セミナ-」において、本論文を発表することになりました。
  • その後、本ホームページへの掲載の打診があり、何かのお役にたてばと思いました。
  • どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP

第1回 三つの定年:何が終わり、誰が決めるのか

1)「定年を過ぎて、あるいは、定年を迎えるにあたって」

  • 今、あなたはどんな状態ですか?
    • 1.「定年退職の受け止め方の7つの種類 」 -岡本祐子(広島大学)教授のとらえ方があります。
    • あなたのとらえ方をまず考えてみてください。
  • ①積極歓迎型06.jpg
    • 人生充実への第一歩である。
  •       第二の人生への出発点である。
  • ②受動的歓迎型
    • 重荷を下ろした感じがする。気楽になった。
  • ③中立型
    • 一つの区切りに過ぎない。当然のことである。
  • ④危機型
    • 人生の終わり。人生の墓場である。
  • ⑤あきらめ型
    • やむを得ないことであった。考えたくない。
  • ⑥逃避型
    • あえて考えないようにしている。考えたくない。
  • ⑦アンビバレッツ型
    • つらくもあるし楽しくもある。寂しいがやれやれという気持
    • 「定年退職の受け止め方の7つの種類 」 岡本祐子(広島大学)

PAGE TOP

3tu.jpg

3)中高年が転機を迎えると(定年・定年前後)

  • 人は長年にわたって先送りしてきた数多くの「夢」を実現しなくてはならないというプレッシャーを改めて感じるようになる。この時、「葛藤」を感じ始める。
  • 人はそれぞれ個人の『夢』がある。

  • ○残された人生において、何をしたいのか? 何を目指したいのか?
  • ○どうすれば、自分自身に納得できるのか?
  • ○二度と取り返せない年月を過ごした後に、どのような過去を振り返りたいと思っているのか? 

08.png

  • どんな人も、自分自身の「心理的」なニーズを満たすことを目指して生きている。
  • そこで、『キャリア』について考えることが重要となってくる!

4)「キャリア」とはなにか?

  • ・キャリアの代表的定義: スーパー(米・心理学者)
  • 「生涯においてある個人が果たす一連の出来事・役割、
  •           およびその出来事・役割の組み合わせである」
  • ・生涯において果たす役割 ⇒ 生まれてから死ぬまで!
  • ・ 人生の生き方そのもの  (「キャリアカウンセリング」宮城まり子 駿河台出版社)
  • キャリアというとどうしても職業とか、働くというところになるが、
  •   それ以外の「人生の他の役割」も含まれる。
  • 働くことだけがキャリアではないという概念。
  •   無報酬(専業主婦等)も一連の地位のキャリアであり、
  •   ボランティアなどもキャリアの概念の中に入る。

5) 今まで言われてきたキャリアとは?

  • 「キャリア組み」、「ノンキャリ」、「キャリア・ウーマン」?
  • 「私は○○大学を出て、○○本部で○○部長をやってます」?
  • これらは、間違ったキャリアの使い方!
  • ・今、言われているキャリアとは……

08.png

  • 「個人の生き方や働き方、 個人の生き方の表現の仕方」
  • とすれば、
  • 「個人にとっては、キャリアを考えることは、一度しかない人生をいかに生きるか」という、大問題に直結すること。

PAGE TOP

6)“本来のキャリアを考える”ということは…

  • • まず、『自分』を知り。
  • • 過去と現在と未来を考えて、職業や人生の節目に将来の設計図を描いてみること。
  • • そして、すべての選択が自己決定であることを認識する。
  • 002.jpg

7)三つの定年、何が終わり、誰が決めるか

  • 3tu---コピー.jpg

8)「定年」と「キャリアデザイン」

  • 「定年(60才?)」とは一般的には会社が決めた「会社人生としての終り」を言う。07.jpg
  • 長い人生の中で、会社人生としての定年であって、自分自身の定年ではない。
  • 自分自身の定年は自分で決めるべきもの。
  • 平均年令が80才を越えようとする現在、自分自身の定年を70才にするのか、75才か、80才かは各人バラバラであろうが、少なくとも自分自身が決める定年までどうやって自分の人生を会社人生と同じように、いきいきと、充実した、時には辛く苦しくとも生きていくか?
  • 仕事を含めた人生を「キャリア」または「ライフキャリア」と定義するなら、自分のキャリアをデザインしていく必要がある。
  • キャリアデザインとはこれからの自分の人生の「戦略」のことである。

PAGE TOP

9)キャリアデザインとは?=人生の戦略(計画・見直し)

  • キャリアデザインとは、企業でいえば「戦略」のことである。
  •  ↓
  • 環境のさまざまな変化に対して企業は長期的に適応していくことが重要であり、そのためには戦略が必要である。
  • ちょうどそれと同じで、人間も環境変化にいちいち左右されずに長期的に適応していくことが重要であり、そのためにはキャリアデザインが必要。
  • キャリアデザインが必要だということは、各人が自分の仕事や生き方について
  • 戦略を持つべきだということと同じである。

08.png

  • 『自分の仕事や生き方に戦略性をとりこむこと!』

10)キャリアデザインを具体的に考える! 08.jpg

  • ①自己理解をする
  •   自分のことが一番わかっていない!
  •   自分とは?いったい、どんな人間なのだろう?
  •   好きなこと(興味・動機)・出来ること(得意・能力)
  •   これだけは譲れない、信念(価値観) ⇒ キャリアアンカー

08.png

  • ②過去を振り返る
  •   楽しかったこと、辛かったこと。
  •   振り返るのは、過去を懐かしむだけでなく、そこから将来を展望することにもなる。

08.png

  • ③節目だけはデザインする(定年、病気、子供が結婚等)
  •   節目だと思うとき、前向きに過去を回顧する。

PAGE TOP

11) 何のための「自己理解」か、「振り返り」か

  • ①自分にとって、ベストキャリアは何だったのか、これまでやってきた事を全部書き出してみる。
  • そして、どれが自分にとって充実感があり、幸福な事であったかを考えてみる。

  • ②逆に、充実感がなく、自分にとっては不幸としか言いようのない事についても同じように考えてみる。それは社会に状況や、環境が悪かったのか、自分のやり方が良くなかったのか、上司と合わなかったのか。
  •                    ↓
  • ③こうして、自分が充実感を得ることのできるベストキャリアの必要十分条件が浮かび上がってくる。つまり、自己理解をし、過去を振り返ることは、幸せなキャリアの自己基準がどこにあるかに気づくために行うことなのだ。

  • 注:今までの自分の資産を活かして今後のキャリアを考えることとは違う。
  • 過去のスキル経験にこだわることは危険。

  • 過去にこだわるよりも、むしろ未来を切り開いていけるかどうか、言い換えれば、過去の経験の延長にしか自分は生きられないと考えるのではなく、未来はもっと自由にキャリアデザインをしていくべきではないのか。

12)キャリアにアップもダウンもない!

  • ■ よくキャリアというと、キャリアアップ、すなわち「より偉くなっていく姿」として捉えられている、がどうだろうか?09.jpg
  •  年収15百万円の一流商社マンが会社を辞めて、田舎で年収3百万円の自給自足農業をはじめた。 

  • ■ 田舎で自給自足の農業を始めることで、周りの人が一流企業を辞め、年収ダウンしてまで、何で農業を言ったとしても、本人が、もともと大好きであり、ずっとやりたかった農業にかけがえのない人生の一コマを送り、ハッピーだと思っているなら、そのキャリアの移動は本人には成功。

10.jpg


11.jpg

  • 大切なのは「幸福」であることを実感し続けること。どうやって人生の終幕まで、自分の思い通りの人生を送ろうかということを考えてみてはどうだろうか?
  • 何よりも大切なのは「幸福」を探し続けるということである。
  • 結果は分からないというリスクを負いつつも人生を送っていく。
  • 仮にその結果がどうなろうとも、日々の時間の過ごし方というものに満足感を覚え、充実感を得ようとすることが、すなはち「幸福探し」なのである。

PAGE TOP

12.jpg

13)外的キャリアと内的キャリア

  • 外的キャリアと内的キャリア⇒ 幸福なキャリアには、内的キャリアの充実を!

13)-1「外的キャリア」 ⇒ 仕事の種類・仕事の分野

  • ・社会の目で見た役割および役割期待
  • ・外的な基準に基づくキャリア
  • ・職業・職種・肩書・職位・会社名・社会的な役割(父親など)
  •  仕事人生では、もう、通用しない!

13)-2「内的キャリア」 ⇒ 仕事の質・人生の質

  • ・個人の内側に視点を置き、特性、性格、価値観、興味など
  • ・心理的満足をもたらすキャリア
  • ・関心・夢・生活パターン・基本的な能力・スキル等が包含されたキャリア

  •  仕事人生では『内的キャリア』を形成し、充実させることが大切!

13)-3 内的キャリアによる自己紹介

  • 13.jpg
  • 私は会社から偶然にも、キャリア・カウンセラーの養成講座に通わされたことから、初めてキャリアとカウンセリングに興味を持ちました。
  • いつかは人を支援したい、人を支援できることをやりたいとずっと前から思っていたことに気がついたのです。それからはカウンセリングの勉強を楽しいと感じたり、生まれて初めて勉強が苦にならないほど自然に本や、机に向かうことができるようになりました。
  • 新しい知識や、情報を得ることが常に新鮮であり、これからも前向きに取り組んでいきたいと思ってます。そして、定年後の生きがいになればうれしいなと思ってます。どうぞ宜しくお願いします。

13)-4外的キャリアによる自己紹介

  • 13.jpg
  • 私は大学を卒業後、都市銀行に入社し、全国転勤を経て、平成元年通信会社に転職、関連会社三社への出向を経て本体に戻りましたが、現在は、また関連会社で業務に従事してます。職務の経験としては、営業、総務、人事、人材開発を主に経験しました。資格としては、人材開発業務時代に取得した①DBM・マスターキャリアカウンセラーや②産業カウンセラー③キャリアコンサルタント④心理相談員を取得しています。どうぞ宜しくお願いします。
  • 皆さんも、自分の『内的キャリア』で自己紹介してみてください!

PAGE TOP

14)自分のことは自分が一番分かっているか?
14)-1ジョハリの窓(ジョセフ・ラフト&ハリー・インガム)

  • ① ジョハリの窓とは、自分をどのように公開し、隠蔽するか、コミュニケーションにおける
  • 自己の公開とコミュニケーションの円滑な勧め方を考えるために提案されたモデル。

  • ② 1955年夏にアメリカで開催された「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」席上で、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリー・インガム (Harry Ingham) が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことを後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。
  • ③ できるだけ「未知の窓=まだ見ぬ自分」を開発するよう心がける

14.jpg

15)-1.キャリア・サポーター(友人、知人など)・マップ

15.jpg

15)-2「友人、知人」は何人書けましたか?

  • 5人以上、10人くらいは、書けましたか?
  • ① 会社関係・同級生にだけ偏っていませんか?
  • ② 地域の人や、サークル(趣味)仲間の人も入ってますか?
  • ③ 年齢差で上下10歳くらい離れている人もいますか?
  • ④ 異性(男女)の友人も入ってますか?
    • 書き終わって感じたこと、何でもいいから、何かありますか?
    • ※とくに『仕事定年』時代には、友人・知人のネットワークは 大切です。
    • 第1回は、ここで終わります。

16.jpg


PAGE TOP

シニアの息吹 へLinkIcon
「愛情」 超高齢化社会への挑戦・高齢化世代の生活の再建・復活・創造

森山志郎記念館 へLinkIcon
「信仰」 脳卒中片マヒ者・心と体の25年 -戦うリハビリテーションの記録-

脳卒中を生きる へLinkIcon
「希望」 脳卒中障害者の生きる意味と生活の再建・復活・創造に向けて

四葉クローバー

四葉のクローバー

花言葉: 「幸福」
「希望」「信仰」「愛情」