孫のためのいろはかるた 「は」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 は 】

  • 「いろはかるた」腹も身の内
  • おいしい食べ物は幾らでも食べたくなるのが人情。
  • でも健康の事を考えると適量でとめることが必要(腹の欲望を自制することを諭した言葉の事)





  • 「いろはかるた」腹八分に医者要らず
  • お腹いっぱいになるまで食べずに、もう少し食べたいというくらいにしておけば病気(びょうき)にならないこと。





  • 「いろはかるた」花も実もある
  • 外観が美しいだけでなく内容も充実している。
  • 名実ともにすぐれている。





  • 「いろはかるた」墓に着物は着せられず
  • 生まれてこの方、両親に育てられ成人したが、自分が一人で成長したと自惚れている。やがて、初めて親がどんなに苦労して私を育ててくれたか、分かって初めて親孝行をしなければと、気がつくが既に両親は墓の中にいる。そのお墓に着物を着せられないという嘆きの言葉。



  • 「いろはかるた」腹はへってもひもじゅうない
  • 侍はどれほど空腹でも時と場合により空腹に耐えねばならふと云う戒めの言葉で誘惑に負けない心を尊重する意。





  • 「いろはかるた」花より団子
  • きれいなものを理解(りかい)する心がないこと。
  • 名誉(めいよ)などよりも役に立つものの方がいいこと。





  • 「いろはかるた」はさみと人は使いよう
  • ハサミは上手に使わねば綺麗に切れない。それと同じように個性の豊かな人を使うことは、その人の特性を活かしながら使わねば目的が達せられない。

「かるたの由来」