孫のためのいろはかるた 「に」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 に 】

  • 「いろはかるた」逃げるが勝ち
  • ひとまず、その場は逃げておいたほうが、結果的には勝ちにつながることもあるということ。





  • 「いろはかるた」人間万事塞翁馬(にんげんばんじさいおうがうま)
  • 飼っていた馬が逃げたが沢山の仲間を連れてきて財産が増えた。息子がその馬から落馬して障害者になったが、その為に兵隊にとられずに済んだ。良いことと悪いこと。は順番に回って来るから一つ一つ、得意になったり絶望したりせずに希望を持ち続けて生きなさいと、云う中国古代の説話。

  • 「いろはかるた」逃げた魚は大きい
  • 手に入れることが出来なかったものは、実際(じっさい)よりよく思えるものだ、ということ。

「かるたの由来」