孫のためのいろはかるた 「か」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 か 】

  • 「いろはかるた」稼ぐに追いつく貧乏無し
  • 人間、働かなければ食べて行けない。
  • 働いてその報酬を得れば貧しさに苦しくない。





  • 「いろはかるた」艱難汝を玉にす
  • (かんなん なんじを たまにす)
  • 人間は苦労を重ねて、はじめて立派な人物になることができる。皮を切らせて肉を切る肉を切らせて骨を切る。
  • 敵を打ち倒すにあたって、自分も犠牲になる覚悟でぶつかり、自分以上に相手に打撃を与えよと言う事。



  • 「いろはかるた」皮を切らせて肉を切る肉を切らせて骨を切る
  • 敵を打ち倒すにあたって、自分も犠牲になる覚悟でぶつかり、自分以上に相手に打撃を与えよと言う事。



  • 「いろはかるた」株を守ってウサギを待つ
  • 偶然の幸運を再び得ようとすること。





  • 「いろはかるた」勝って兜の緒を締めよ
  • 勝ったからといって、いい気になったり、おごり高ぶったりすることを戒める。





  • 「いろはかるた」可愛さあまってにくさ百倍
  • 愛憎は表裏一体のものである。愛情が強ければつよいほどそれが逆転し憎みも一層強くなる。



「かるたの由来」