孫のためのいろはかるた 「な」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 な 】

  • 「いろはかるた」ならぬ堪忍するが堪忍
  • がまんできないというとき、それでもこらえてがまんするのが本当の堪忍(かんにん)だということ。





  • 「いろはかるた」夏の夕焼け川を渡るな
  • 夏の夕焼けは嵐や大雨の前兆とされた。橋の無い時代に川をわたるには様々な危険を伴ったから、危険の前兆があれば行動に気をつけなさいという戒めの言葉。



  • 「いろはかるた」長いものには巻かれろ
  • 強いものにはどうしても勝てない、手向かわないで相手の言うままにしたほうがよい。





  • 「いろはかるた」泣きっ面に蜂
  • 悲しんだり、苦しんでいるところに、さらに悪いことが重なってしまうこと。





  • 「いろはかるた」なくて七癖
  • だれにでも、多かれ少なかれくせはあるものだ、ということ。

「かるたの由来」