孫のためのいろはかるた 「う」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 う 】

  • 「いろはかるた」嘘も方便
  • うそをつくのはいけないことだけど、場合によってはちょっとしたうそをついたほうがいいときもあること。





  • 「いろはかるた」嘘から出たまこと
  • 口先だけの出まかせが、本当になってしまう事。







  • 「いろはかるた」鵜の真似をする烏
  • 自分の力量も考えずに、人のまねをすると失敗するということ。





  • 「いろはかるた」魚心に水心
  • 自分が相手に好意を示せば、相手もそれなりにこたえようという気持ちをもつようになるものだ、ということ。





  • 「いろはかるた」内弁慶
  • 家の中でいばっている人が、外に出るとおとなしくなること。





  • 「いろはかるた」売り家と唐様に書く三代目
  • 初代は夫婦が力をあわせて汗水を垂らして基礎を築く。
  • 二代目はそんな両親の姿を見ながらそれなりに努力して家業を守り立てる。
  • そこに生まれた孫は三代目になるが「生まれながらの坊ちゃま」で、わがまま放題に成人し、仕事よりも、両親や祖父母が教育を受けなかった漢学などの素養をつむ。
  • やがて仕事に行き詰って家も売ることになるが、それも教養の有る漢字で「売り家」と書いている。
  • 三代目は教養が有るが没落する様子を云う言葉。

「かるたの由来」