孫のためのいろはかるた 「ま」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 ま 】

  • 「いろはかるた」負けるが勝ち
  • 一時的に相手に勝ちをゆずることが、かえってあとに得することになること。





  • 「いろはかるた」待てば海路の日和あり
  • いまはうまくいかなくとも、辛抱(しんぼう)つよく待っていればチャンスがくる、ということ。





  • 「いろはかるた」馬子にも衣装
  • 髪(かみ)や服を整えて、着かざればどんな人もりっぱに見えるもの、ということ。





  • 「いろはかるた」まさかの友は真の友
  • 仕事が順調で豊かなときには周囲に取り巻きの人々が集るが、一旦、逆境に陥ると周囲ら立ち去っていくもの、その逆境に関わらず昔と変らぬ友情で接してくれるのが本当の友と言えるのだ。

「かるたの由来」