孫のためのいろはかるた 「め」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 め

  • 「いろはかるた」眼には眼を歯には歯を
  • 受けた危害に対して、同等の仕打ちで対抗すること。







  • 「いろはかるた」眼を離さずに手を放せ
  • 自立しようと努力しているときは、危なくてついつい手が出てしまいます。本人が努力する様子が危険にならない限り手は放して自由に行動をさせよと言う言葉です。子育ての教訓ですが同時にリハビリテーションでも言われます。



  • 「いろはかるた」目くそ鼻くそを笑う
  • 自分の悪い点や失敗(しっぱい)に気付かずに他の人の欠点やまちがいなどを見てばかにすること。



  • 「いろはかるた」めくら蛇に怖じず
  • 目の見えない人は蛇(へび)がいても平気でいられることから、物を知らない人は恐れがないことをいう





  • 「いろはかるた」目明き千人めくら千人
  • どんなに良い事をしても、それを評価できる人は少ない。世の中には目明きばかりはいないから人の評価は気にするなと戒める言葉。


「かるたの由来」