孫のためのいろはかるた 「し」

●人生そぞろ歩き

7.孫のためのいろはかるた

「いろはかるた」

孫のための「いろはかるた」  平成12年12月7日

れている日本の心 えたい日本のことわざ

  • 「犬も歩けば棒に当たる」の語句で有名ないろはカルタは、犬棒カルタとも呼ばれている。カード遊びは世界のあちこちにある。諺も世界中にあるが、いろは順に諺を48枚揃えたカード遊びは日本にしかない。いろはカルタは世界中で日本だけにあるもの。
  • 日本人の創案による独創的室内遊戯として、江戸時代に起った諺の遊びであった。

  • ●上の頭文字をクリックすると頭文字で始まる「諺」が表示されます。
  • ●「かるた」の画像をクリックすると拡大表示されます。
  •  その時キーボードの「←」「→」キーで「かるた」の移動ができます。
  •  表示を消す場合はキーボードの「ESC」キーを押します。

【 し

  • 「いろはかるた」蛇の道は蛇
  • 仲間(なかま)のすることはその仲間が一番よく知っていること。





  • 「いろはかるた」素人の生兵法
  • 中途半端な知識を頼りにするとひどい目にあう。







  • 「いろはかるた」正直者の頭に神宿る
  • 正直な人には必ずいつか神の加護があるから人は正直でなければならない。





  • 「いろはかるた」小欲知足
  • 欲望を小さくして充足することを知る。
  • (真理に目覚めた者がもつ8つの偉大な智慧という意味の教えでその1番目が少欲で2番目が知足この釈迦の教えは遺教経にみられる)



  • 「いろはかるた」少年負い易く学なり難し
  • 朱熹の「遇成」と言う詩の一部です。
  • 「少年老い易く学なり難し。
  • 一寸の光陰軽んずべからず 未だ覚めず池塘春草の夢 階前の梧葉既に秋声」人は年を取りやすく学問の道は遠い。少しの時間も惜しまねばならぬ。
  • のほとりの春草のような青年時代の夢が覚めきっていないのに、階段の前の青桐の葉は秋風に吹かれて落ちている。人生の短さと学問の道を究めることの困難さを歌った詩です。

  • 「いろはかるた」朱に交われば紅くなる
  • 付き合う人によって、人はよくもなり悪くもなるということ。



「かるたの由来」