エンパワーメントを考える

●家族館

9.「エンパワーメント」を考える

9.「エンパワーメント」を考える

「エンパワーメント」を考える

アイリス泉  森山 晏子 (平成19年6月1日記す)

  • 最近よくエンパワーメントということばを聞きますが、これは、「能力をつける」「権限を与える」と言う意味なのだそうです。
  • 困難なこと、障害、に出合ったとき等、己の中にある力・解決する能力を高める事なのだそうです。
  • 去年の夏、孫が遊びに来た時、私の腕をしげしげと見て「おばあちゃまのお手手、どうして空気抜けちゃったの?」と聞きました。確かに空気が抜けた感じに皺だらけ、少々悲しかったけど平静を保って「少し空気入れな9.「エンパワーメント」を考えるきやだめかしら?」と笑いました。
  • そのうち次第に足が重くなり、踏み込むのが痛くなり、2階に上がる時は、手を突いて四つばい状態になりました。年を取ると言う事はこういうことなのかと実感しました。
  • 何時も車に乗って、意識的に歩く事も、毎日体操をする努力もしなかった報いかもしれません。
  • もう遅いかもしれないけど心を入れ替えて、少し自分の体のことに関心を持たなければと、老いの坂道を転がるような危機を感じたのです。
  • 早速、踊場地域ケアプラザの「転倒予防教室」に入れていただき毎週金曜日に通っています。丁度1か月になりますが、最近階段は手を突かなくても上れるようになり、ほっとしています。
  • これからは、出来る限り続けて、健康である時間を維持してゆきたいと思っています。歳を取る事は避けられませんが、老い、それに強くなる事が大事なのですね。
  • また、病気になってからも、お医者様に治してもらうのを待つだけでなく、強力な味方として協力していただき、自主的に闘う姿勢が大切。
  • そのためにもっと情報も集め、関心も高めて責任を持って自己決定ができるように 心がける事なのだと知りました。
  • 9.「エンパワーメント」を考える痛みがあって辛い時には、我慢して耐えるだけでなく、ペイン・クリニック(注:神経痛など 各種の痛みを取り除くことを専門にする医療。)その他で、痛みを和らげながら、楽しい時間を維持できるようにする方が良く、老いても未病の段階をながく維持するために、もっと積極的に自分から取り組んで、とにかく元気に強くなりましょう。
  • 笑う事は自己治癒力を高めるのにとても効果があるといいます。
  • 周囲の方もお誘いして、楽しい健康づくりの活動をしたり、笑える機会を沢山つくり、ストレスにも強くなるような、エンパワーメント(解決する能力)を身につけたいものです。
  • 介護者の立場にも、共通するものがあるように思いました。   



「回想法講座を受講して」

アイリス泉  森山晏子 (平成17年9月1日記す)

  • 7月12日の定例会は、文化の森でバーペキュウをしました。
  • お天気にも恵まれ、久しぶりの方、オーナーのNさんにも参加して頂いて、とても楽しい和やかなひと時でした。皆様もきっとリフレッシュされたと思います。
  • 今回もHさん、Mさんには大活躍して頂きました。 
  • 「回想法講座を受講して」8月9日の定例会は、下和泉ケアプラザから見学に来られたYさんをまじえて、近況報告、連絡事項、認知症対策について話し合いました。
  • 話の流れから、ちょうど長崎の原爆記念日でもありましたので、思い出話にそれぞれの体験が語られました。
  • 介護者の中に戦中派は少なくなりました。
  • この貴重な平和を念ずる思いは、やはり語り継がなくてはならないと思います。
  • 70歳以上の方を介護している方は、戦争中の事を聞いてみる機会があったら、ぜひ問いかけて聞いてみましょう。とても大切なことが語られると思います。
  • 今年初めに新橋ホームで開かれた「回想法講座」を受講して、その人の経験を思い出させる事によりコミュニケーションが取り易くなり、認知症の進行を遅らせるのに効果がある事を知りました。
  • このような対話ができたら、忙しい中にもほっとできる時間を作れるのではないでしょうか。わが家のルーツを父に尋ねた日を思い出しました。

「回想法講座を受講して」

LinkIconエンパワーメントを考える  TOPへ